消費者金融で即日借り入れをするには

MENU

消費者金融で即日借り入れをするには

消費者金融が即日融資可能な理由

大手の消費者金融の場合、即日融資を望めばほとんどの会社で可能となります。 よく審査基準が甘いからとか、金利が高めな分、審査の範囲を緩和しているからという説明も見られますが、鵜呑みにするのは早計でしょう。 信用情報に問題があれば即否認されることもあります。 個人の消費者向けに貸付をしてきた歴史があり、長年の経験から確固たる基準があることから、審査を早く行い、当日の融資が間に合うと考えられます。

即日融資が可能となる申し込み方法

大手の消費者金融は、実店舗を各地に配置していないことが多く、インターネットや、専用の申込機を使って申し込むのが主な方法となっています。 場合によっては、ネットで申し込みした後に、申込機からローンカードの発行ができることがあり、時間の短縮ともなります。 インターネットからは、必要書類の提出も所定のファイル形式にして送信して提出することが可能ですし、申込機に付いているスキャナーで読み取って送信することもでき、郵送申し込みよりも日数がかからず即日融資が可能になるのです。 ただ、受付時間が過ぎると、翌日に回されてしまいますので、できるだけ早めに申し込むことをおすすめします。

即日の振込融資は無理な場合もある

ローンカードが発行されたその日に、ATMを利用してキャッシング手続きができます。 申込機と直営ATMが併設してある場合は、その場で利用できますし、コンビニ等の提携ATMでは、所定の手数料はかかっても、いつでもお金を入手できます。 ただ、登録した預金口座に即日で振込融資を依頼するには、決められた時間までに契約を済ませないと対応してもらえないでしょうし、相手先の金融機関を指定されている場合もあります。 消費者金融によって違いがありますが、平日の14時~15時頃までとなることが多いので、ローンカードを発行する方法のが簡単に済むでしょう。

土日祝日の即日融資

消費者金融では、勤務先が休みの土日祝日や年末年始でも、即日融資に対応してもらえます。 信用情報に問題がなければ、必要な書類と一緒に、社名入りの健康保険証や給与明細等の提出することで、在籍確認の代わりとしてもらえることもあります。 申込機は、各地駅の周辺にもありますし、行楽地に行く途中の主要幹線道路沿いに設置されていることもありますので、書類の提出までをインターネットで行い、出先でローンカードを発行するようにするのもおすすめです。 実家への帰省中にも利用しやすいでしょう。

プロミスの詳細はこちら

今まで「プロミス」などの消費者金融を見てしまうと恐いという感覚を持っていました。しかし、急な資金が必要な時に融資が即日も可能である金融機関ほど頼りになると考えると、これほど強い味方はありません。手元にお金がないけれど子供が病気になったり、決済のため短期の融資が必要なときって結構あります。プロミスなどの消費者金融であれぱ即日も可能な点に加え、返済のしやすさの点などからも強い味方であると思います。

インターネットからキャッシングの
お申し込みが出来ます。
▽ ▽ ▽

プロミス1
プロミスの申し込み詳細1

【プロミス】実質年率『4.5%~17.8%!』

平日14時までにWEB契約完了で当日振込!